2007年8月 3日 (金)

旦那さま、ここでもう一品 リターンズ

こんばんは、○澤幸子です。

もとい。
今夜は久しぶりに旦那さま、ここで~のシリーズでいってみましょう!

洋食屋の定番メニュー、ポークチャップ!
作り方は非常に簡単。
では、まず材料から確認していきましょう。

~材料~
厚切りにした豚のロース・・・・・数枚
塩・こしょう・・・・・適宜
ケチャップ・・・・・・適宜
ソース・・・・・・適宜
赤ワイン・・・・・適宜

相変わらず曖昧なレシピで申し訳ありません。。。

1、豚肉に塩コショウ
2、フライパンに油をひき強火で焼く
3、火力を弱めて赤ワイン・ケチャップ・ソースの合わせ調味料を投入
4、少し煮詰めて、程よく絡めば出来上がり

Ca310028_edited1

肉の周りにソースを垂らすとなぜかおいしそうに見えてしまうから不思議(笑)。
こういう料理はやはり真っ白な洋皿が映えますね。
緑が欲しかったので自家栽培のシソを刻んでみました。
スープも付けていただきます!

Ca310027_edited1


盛り付けを楽しめるようになれば楽しみも増えるってもんです。
本当に簡単なのでみなさんもお試しあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

いくらの醤油漬け

旦那様、ここでもう一品 vol.3

「いくらの醤油漬け」

さて、北海道は秋も深まり朝晩は長袖なしには過ごせません。

鮮魚売り場を覗けば、もう鮭の生筋子が並んでいるではあーりませんか!

これはぜひ食べねば!ということで今回は今年初のいくら醤油漬けにチャレンジです。

まずは筋子の一粒一粒をばらす作業から。

40度前後のぬるま湯(これは意外ですよね)で丁寧にほぐしていきます。

温度で白く変色してしまいますが気にしない、気にしない☆

ここでポイント!

潰れてしまったいくらや筋子の皮は一旦流水で舞い上がらせてから上澄みと一緒に流すことにより上手に分けることができます。

大体きれいになってきたら今度は冷たい塩水にさらします。

不思議なことに塩水にさらした瞬間、色は鮮やかなピンク色に変色します!

ざるにあげるとこんな感じ↓

Dsc_0001_1

きれいですねー!

これが全部孵化して、全部育って、また全部孵化して、全部育って・・・

そんなことありえませんが(笑)。

鮭界の合計特殊出生率はいったいどれくらいなのでしょうか?気になるなぁ。

そんな話はさておき、次に漬け込むたれを作ります。

調味料の割合は

酒:みりん:醤油=1:1:2

です。醤油は旨味を含んだ昆布醤油を使うと良いでしょう。

これを火にかけてアルコール分を飛ばし、冷まします。

ざるに上げておいたいくらと混ぜ合わせ冷蔵庫で一晩漬け込めば完成!

いただきまーす☆

Dsc_0001

美味い! これぞ北海道人の醍醐味!

~追記~

ジャズ研のお母さんことヒロさんによれば漬け込むたれは生醤油のみという作り方もあるそうです。長年いろいろ試してこの方法に落ち着いたのだとか。今度試してみまーす!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ヨーグルトカレー

「お帰りなさいませ旦那様、ここでもう一品」vol.3

◎ヨーグルトカレー

ヨーグルト+カレー??なんじゃぞりゃあ!!

と思われるかもしれませんが、コレがなかなかいけるんです☆

というわけで作ってみましょう。

それではまず材料の方から確認していきましょう。

~材料~

Ca310264

↑と

カレーのルー・・・一箱

鶏肉・・・一胸

以上です。写真でわかりますよね??

見えづらいですがジャガイモとタマネギの間に生姜が隠れています(笑)。

さて、料理法を順々にすべて説明していくのは少々面倒なので大まかな要点のみを説明していきます。

この方法をプロット料理法と呼んでおります(嘘)。

それでは参りましょう!Let's cooking!

 今回作るカレーは水を一滴も使いません。ヨーグルトの水分のみです。

 また、普通のカレーではルーと具が完全に混ざり合っているのですがヨーグルトカレーの場合は具とルーは別盛りです。タマネギ、キノコ、肉以外の具はあらかじめ塩水で別茹でしておきます。もちろん茹でる際の具の大きさは一口大です。

 ルーの作り方について説明します。油を引いたフライパンでみじん切りにしたタマネギをきつね色になるまで炒めます。肉を入れます。きのこも入れます。全体的に火が通ってきたらカレーのルーを入れます。水分が少ないのでルーはみじん切りにした状態で投入しましょう。ルーと材料が馴染んだら、ヨーグルトを入れましょう。よく混ぜ合わせて、少し煮込めば完成です!

じゃじゃん。

Ca310265

 盛りつけは小さな町の小さな洋食屋さんをイメージしてみました(笑)。ごはんの上にはパセリを振りかけてみました。鮮やかな野菜の色が食欲をそそりますね。酸味の効いたカレーは暑い夏にぴったりです☆今日の室蘭は寒かったけど・・・。

 今日は4人でこのカレーを食べました。俺とfukuちゃん、よしこ、K。みんなで食べるご飯はやっぱりおいしいねぇ!ごちそうさまでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

茶碗蒸し

好評を博しております、新コーナー

~旦那様、ここでもう一品 vol.2~ (笑)

今日は「」です。

夕方、Jolyさんより入電。訳ありで卵10個を入手したのでなんかやらんかい??とのこと。fukuちゃんも交えお馴染みのTrioで卵祭り夕食会を開催しました。そんなわけで手軽にできる卵料理ということで茶碗蒸しを作りました。

「難しそう・・・。」と思われるかもしれませんが、非常に簡単です!!使う材料は大学生(男)3人前の分量として

卵・・・5個

だし汁・・・卵を1として出汁3の割合

薄口醤油・・・少量(目安として大さじ1)←上品な色に仕上げたいので敢えて薄口醤油を使います。

塩・・・小さじ1/2くらい?

鶏肉・・・好きなだけ

長いも・・・好きなだけ

シメジ・・・好きなだけ

三つ葉・・・好きなだけ

まず卵を溶き、そこへだし汁を投入します。次に醤油、塩で味を調えます。最後に一口大に切り分けた鶏肉、長いも、シメジ等の具を入れます。たったこれだけです。あとは小さな土鍋もしくは耐熱ボウルなどに入れ、本来は蒸し器で蒸すのですが今回は電子レンジを利用し加熱。様子を見てほどよい固さになったら取り出します。三つ葉は最後に入れ、余熱で火を通します。以上!

簡単ですので是非試してみた下さい。中に入れる具などをいろいろ試してみるのもおもしろいかもしれません。何か質問があればコメント欄でお願いします(笑)。ちなみに卵と出汁の割合は料亭では1:4くらいの割合らしいです。しかしこれだけ薄くなると蒸すときの火加減が非常に難しいので1:3もしくは1:2.5くらいが良いでしょう。ちなみに1:2で卵豆腐、逆の3:1でだし巻き卵になります。料理では比という考えが重要です。

今回の茶碗蒸しは出汁の風味、素材の味を楽しむために砂糖はしようせずすっきりとした味わいとなっております。

こんな感じになりました☆

Ca310238_1

コレを加熱すると・・・。

Ca310240_1

完成!!(携帯のカメラなので見にくいですが・・・。)

後ろに写っているのは余った卵5個を使って作っただし巻き卵です。

美味しかった!ごちそうさまで~す。

ちょっとコレステロール取りすぎたかな・・・。

~お わ り~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

ほうれん草のおひたし

~新コーナー~ 「旦那様、ここでもう一品」vol.1

◎ほうれん草のおひたし
 おひたしは何故、おひたしというかご存じでしょうか?よく醤油をそのままかけて食べる人を見かけますが、本来はめんつゆの様な醤油をだし汁で割ったつゆをかけて食べます。醤油のようにしょっぱくならないので沢山かけてひたひたにして食べることから「おひたし」というわけですね。なるほど。だしのうまみが加わり野菜の風味も増してきます。毎日食卓にあげたい一品ですね。

Ca310232_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)