« トゥートゥトゥトゥートゥトゥートゥトゥトゥ | トップページ | 一段落つきました。 »

2007年10月23日 (火)

大阪のたこ焼き

 大阪のたこ焼きは本当に美味い。大阪と言えば「粉もん」と言われるように、この地にはたこ焼きやお好み焼き、うどんや餃子等の小麦粉を利用した食文化が根付いている。始めはたこ焼きのような単純な食べ物ならばどこで食べてもそう大して変わらないだろうだろうと思っていた。しかし、食べてびっくり。やはり大阪のたこ焼きは美味しかったのである。

 表面はカリッとしていて中はジューシー。月並みな表現だがそのレベルが違う。爪楊枝でとても薄い卵の殻を破る感覚と言えば伝わるだろうか?中からは出汁を多量に含んだ熱々汁がこぼれだす。それはもうどうやって焼いたのか不思議に思ってしまうほどだ。店先の通りは閑散としていてそんなにお客さんが入っている感じもしない。注文して1分も待たずにこんなたこ焼きが出てくるもんだから大阪のたこ焼きは本気だな、とついにやりとしてしまう(笑)。

 ANAの機内誌にこんな記事が載っていた。食い道楽の大阪では、いくら素材に贅をこらしてもその値段が見合うものでなければお客は満足しない。高すぎてもダメだし、安すぎてもダメなのだそうだ。大阪の人は価値と価格のつり合いが取れたときに「つろくがとれる」と言う。食べたタコ焼きは6個で200円。この一つ一つには大阪人の魂が込められていた。


Osaka3

|

« トゥートゥトゥトゥートゥトゥートゥトゥトゥ | トップページ | 一段落つきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111037/8580755

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪のたこ焼き:

« トゥートゥトゥトゥートゥトゥートゥトゥトゥ | トップページ | 一段落つきました。 »